愛奴メーカー S男とM女との出会い

激しいピストンでマゾ大学生愛奴のアナルを調教

愛奴調教日記 愛奴のアナル調教

日曜日は愛奴と会って来た。
アナルがどんな感じになっているのか楽しみだった。

「ズボンとパンツを脱いでみなさい」
肛門にはアナルプラグが刺さっていて、
おまんこもかなり濡れていた。

「まだ何にもしていないのに感じているのか?
それともアナルプラグが気持ちいいのかな?」

「ずっと入れたままにしておくと気持ちいいんです」
あんなに嫌がっていたマゾだったが、完全に受け入れたみたいだ。

どれだけ拡がったか確かめる為にアナルプラグを抜く。

「あん!」
抜いたスグの肛門は、穴がポカンと拡がっていた。
それが徐々に縮まっていった。
「きちんと言いつけを守って、生活してみたみたいだな。えらいぞ」

アナルセックスをするために、浣腸をする。
もうマゾ愛奴は浣腸に慣れたらしく。
何も抵抗せずに言う事を聞いていた。

浣腸が終わり排便を済ませた後、
ローションを肛門とちんこにタップリ付ける。

「ひゃん!あっはっんん」
指で若干ほぐし、おちんちんを挿入。
最初にヤッた時よりかなり入りやすくなった様な気がした。

「かなり拡がったな、俺は嬉しいぞ。カナ」
「ほんとですか?そう言って頂けると私も嬉しいです」

激しいピストンで、マゾ大学生愛奴のアナルを調教する。

「ああんっ気持ちいいです。オマンコとは違って気持ちいいです!」
「もっとこれからアナルを拡張して気持ち良くしてやるからな」
「お願いします!これからも私を躾けてください」
「良く言った。大好きだぞ。うっイクぞ、アナルに出すぞ!」
「だ、出してください。精子が沢山欲しいです!ああっ!」

真っ白いザーメンをアヌスに入りきらないほどタップリ出した。

また次会う時までは、アナルプラグを付けて置くようにと言っておいた。
次はSEXだけじゃなく普通に遊ぼうかと思っている。

 

オススメサイト

おしりクラブ

某女性誌で「お尻を開発すれば婚期が早まる」と紹介され、女性の間で今もっとも熱いプレイがアナルプレイです。 日本もアナルの欧米化が進みアナルセックスが当然のプレイとなってきましたね。 そんな肛門男女の憩いのスペースがおしりクラブというところなのです。 » このサイトを利用する