愛奴メーカー S男とM女との出会い

愛奴を遠隔ローター羞恥プレイ

愛奴

土日にお気に入りの愛奴と遊んできたぜ。
SEXじゃないぞ、仲良くデートに行っただけだ。
ちょっとスリルのあるデートにな。

場所はショッピングセンター、人が沢山集まる休日。
カナと一緒にまずは身体障害者トイレに入り、遠隔ローターを取り出して顔の前に差し出す

「えっ!まさかそれを付けるの?」
「そうだ、興奮するじゃねーかこうゆうの。
大丈夫、辛くなったら正直に言え、何とかするから」

「う、うん分かった・・」
嫌がることなく従順になってきている、これは今まで以上に良い愛奴になりそうな気がした。

ブウウウウウウウン、、、、、

「あはぁぁぁん」
いきなり両手で股間を押さえる姿勢になった。
「どうしたんだ?」とわざとらしく声をかけると、
「意地悪ぅぅ、知ってるくせに、、」
赤らめた顔と潤んだ目で俺を見てきた。

次はそのままアイスを買いに行かせる。
店員からアイスを受け取る瞬間に、ローターのスイッチON!

ブウウウウウウウン、、、、、

(だ、ダメ感じちゃ。怪しまれちゃう・・・)
心配そうな目で店員は見てるが、
「すみません、大丈夫です、、」
おしっこでも漏れそうな擦れた声で喋っていた。
「もう・・だめ・」

手を握って急いでトイレへ駆け込む。
この時のカナは凄く息が荒かったが、愛奴を遠隔ローターで苛めるのはかなり優越感があった。

スカートを捲ると、愛液が垂れていたあと少し遅ければ見えていたところだった。

「嫌がってたわりには感じてるんだな、パンツがびしょ濡れじゃないか」
「いやっ言わないで・・・恥しい」

おちんちんを待っていたかの様に、しゃぶりつくカナ。
ご奉仕フェラをしてもらい、カナを手マンでイカせショッピングセンターを後にした。

もうすぐクリスマスだなもちろん俺は愛奴のカナと過ごすが、
まだまだ諦めるのは早い、利用人口が多いここで勝負だ!

 

オススメサイト

おしりクラブ

某女性誌で「お尻を開発すれば婚期が早まる」と紹介され、女性の間で今もっとも熱いプレイがアナルプレイです。 日本もアナルの欧米化が進みアナルセックスが当然のプレイとなってきましたね。 そんな肛門男女の憩いのスペースがおしりクラブというところなのです。 » このサイトを利用する